陽子 70歳のおばちゃんと談話

ライター「もしかすると陽子、芸能界に入るにあたって売り出し前の人って陽子、サクラでお金を作っている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸人)「はい、陽子そうですね。サクラでの小遣い稼ぎって70歳のおばちゃんと談話、シフト他に比べて自由だし70歳のおばちゃんと談話、我々のような、70歳のおばちゃんと談話急に仕事が任されるような仕事の人にはもってこいなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし陽子、めったにできない経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「貴重な経験になるよね、陽子女の子としてやりとりをするのは易しいことじゃないけど自分は男目線だから、陽子自分の立場から言ってほしいことを相手に伝えればいい訳だし70歳のおばちゃんと談話、男の心理はお見通しだから、陽子相手も容易に食いついてくるんですよね」

鳴かぬなら鳴くまで待とう陽子 70歳のおばちゃんと談話

A(メンキャバスタッフ)「かえって陽子、女の子でサクラの人は男性の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
ライター「女性のサクラより、陽子男のサクラの方が適しているのですか?」
D(とある芸能関係者)「そうです。より良い成績を残しているのは大体男性です。だけど70歳のおばちゃんと談話、僕なんかは女のキャラクターを作るのが下手っぴなんで陽子、いつも怒られてます…」
E(芸人の人)「お分かりの通り、陽子ほら吹きが成功するのがこの世界ですからね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の人格を演技するのも、70歳のおばちゃんと談話かなり大変なんですね…」
女性キャラクター役の作り方に関してのトークで盛り上がる彼ら。

鳴かぬなら鳴かせてみせよう陽子 70歳のおばちゃんと談話

その話の中で陽子、ある発言をきっかけに、70歳のおばちゃんと談話自称アーティストだというCさんに好奇心が集まったのです。